卒業生の声

看護師として病院や介護施設で経験を積み、訪問看護の道へすすみました。訪問看護に携わり、2年になります。
私の勤務するステーションでは、11名の看護師、3名のリハビリスタッフが在籍しています。
利用者は小児から高齢者まで、抱える疾患も様々です。独居高齢者も多く、利用者を取り巻く環境はひとりひとり違います。

その人らしい生活が維持できるように、他職種と連携しながら支援しています。
24時間対応できる体制を整え、在宅での看取りにも対応します。他の看護師や他職種と協力しながら、日々奮闘中です。

訪問看護では、病院とは違う看護の見え方があると思います。
訪問看護師として働くみなさんや、訪問看護に関心のあるみなさんと、学びや悩みを共有できる場があるといいなと感じていました。たくさんの仲間と繋がりたいです。


佐藤 李奈さん
(2012年度卒)
一関中央訪問看護ステーションなのはな


卒業後は、新卒で東大の大学院に入学、エコーを用いた点滴トラブル予防に関する教育プログラムの開発に取り組み、英語論文執筆など研究の基礎的な能力を身に付けることができました。
現在は大学院で学んだエコーの技術を活かしながら、東京都文京区にある「訪問看護ステーションけせら」にて自転車を走らせる毎日を送っています。

訪問看護師は医療の在宅シフトで重要性が高まる一方で、教育プロセスや経営面の課題を抱える中でコロナ禍を迎え、様々な選択と判断を迫られる日々が続いています。
先の見えない状況に不安は尽きませんが、こんな時だからこそ年齢や地域の枠を越えて、情報や資源などのリソースをシェアし知恵を出し合う必要があるのではないでしょうか︖

今回のネットワーク構築が、全国で奮闘されている卒業生や在校生の明日への希望になることを信じています。


前田 智穂さん
(2016年度卒)
訪問看護ステーションけせら


Top